叔母夫婦にはいつも同じお歳暮で喜んでもらっている

いつもうちの娘をかわいがってくれる叔母夫婦には毎年、柿安[料亭しぐれ煮詰合わせ]を贈っています。いつも叔母夫婦は季節のフルーツを送ってくれるので、初めてお歳暮を贈る時には何を贈ったらいいのか迷いました。

食べ物は好みもあるので悩みましたが、以前実家で柿安のしぐれ煮を食べておいしかったので、しぐれ煮の詰合わせにしました。3,240円から1万円を超える詰合せのセットがありますが、毎回贈るのは5,400円の詰合せです。

 

6種類の牛肉しぐれ煮が入っている


ので、飽きずに食べていただけるものだと思います。このしぐれ煮があるとご飯が進みます。やはり自分が実際に味わっておいしいと思うものを贈りたかったので、これにしてよかったです。

叔母夫婦も大変気に入ってくれたので、悩んだ甲斐がありました。久しぶりに会うと必ず、

 

しぐれ煮が美味しくてついついご飯をおかわりしてしまう


と言われます。叔母夫婦も喜んでくれているので、これからもお歳暮には柿安の[料亭しぐれ煮詰合せ]を贈り続けます。

お歳暮はかにしたい母親

先日、実家に帰省した際に今年のお歳暮について母親から相談されました。我が家はお中元の習慣もありますが、お中元は毎年決まった品を贈ることに決めています。お酒好きな家庭にはビールを、お酒を飲まない家庭にはそうめんのセットと決まっているのです。

お子さんがいる家庭にはその年によって、ジュースの詰め合わせかゼリーなどの冷たいお菓子の詰め合わせを贈っています。しかし、お歳暮に関しては何が届くかな?というワクワクした気持ちも大切にしたいということで毎年違うものを贈ることにしています。

 

自分でももらって嬉しいものを選ぶようにしている


のですが、考えるのが結構大変です。そして今年のお歳暮は、母親としてはお歳暮にかにを贈りたいと考えているようです。カニだったら年末にもお正月にも食べることができるので、良いアイディアだと思います。

ただ、年末の忙しい時期にカニを捌くのは大変だと思う人もいるかもしれないという点だけが気がかりです。