北海道の毛蟹でカニにハマる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

冬になると食べたくなるものの一つに、カニがあります。数年前まではそれほどカニが好きではなく、ましてや自分で購入してまで食べるほどではありませんでした。


それなのにここ数年は毎年冬になるとネット通販でカニを購入し、自宅でカニをそのまま食べたりカニ鍋などのカニ料理をして食べるようになりました。カニ好きになったきっかけは、友人から貰った北海道の毛蟹です。

 

毛ガニがあまりにも美味しくて、カニってこんなにも美味しかったんだ!


と再発見したような衝撃を受けました。大げさかもしれませんが、それぐらい毛ガニが美味しかったのです。後になって分かったことですが、毛ガニはカニの中でも別格な美味しさのようですね。

確かに毛ガニがきっかけでズワイガニやタラバガニなどのカニも食べるようになりましたが、毛ガニを超える美味しいカニはないと思います。値段はやや高いものの、この美味しさを考えるとむしろ安いと思えてくるのも美味しいカニならではです。

お歳暮の蟹でカニ三昧

先日、久しぶりにカニづくしの料理を頂きました。実家に帰省した際に、カニを頂いたからということで母がカニづくしの料理を用意してくれたのです。私が好きなカニシュウマイはもちろん、カニのグラタンに茶碗蒸しやせいろ蒸しまで!季節を意識してか、

 

カニと夏野菜のゼリー寄せなる母の新作もあってとても豪華な食卓でした。


実家にいた頃は蟹をこうしてカニづくしの料理にしてくれたものですが、実家を出てからはカニ料理とは遠ざかってしまっていました。カニ料理は外食で食べるととても高いので敬遠してしまうので、こうして自宅で母の手料理で味わえるのは幸せなことです。

母曰く、そんなにカニ料理が食べたいなら通販で安く購入すればいいのに!とのことですが、料理下手な私にとっては無理な話です。安く購入できたとしても、美味しく料理する腕前はありませんからね。

カニをそのまま食べることも好きですが、私は料理としてカニを食べるのが好きなので通販で購入しても持て余してしまうだけなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。